コードブルー3最終回ネタバレ 藍沢、藤川安否は

コードブルー3最終回ネタバレ 藍沢、藤川安否は

コードブルー3最終回ネタバレ 藍沢、藤川安否は

 
第9話のラストで、開通前の地下鉄の線路内で開通前のイベント中に崩落事故が発生。子どもを含む負傷者も多数出ているとヘリ要請が。処置に当たるフライトドクターたちを待ち受けていたのは、2次災害だった……。
そして、巻き込まれた藍沢、藤川安否は?

 

スポンサーリンク 


 

コードブルー最終回ネタバレ 藍沢、藤川安否は

地下鉄開通前の線路内で崩落事故が発生したとドクターヘリ要請が入った。藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、冴島はるか(比嘉愛未)、藤川一男(浅利陽介)、名取颯馬(有岡大貴)、横峯あかり(新木優子)、雪村双葉(馬場ふみか)たち救命チームが総動員体制で現場に向かう。心の傷が癒えていない灰谷俊平(成田凌)は患者の受け入れのために橘啓輔(椎名桔平)と病院に残った。
藍沢たちが事故現場の蒔田中央駅コンコースに到着すると大人数でごった返している。開通記念の見学イベントが開催されていたため、一般参加者が300人もいたらしい。医療者たちの指揮を任された白石は、藍沢と藤川を地下2階の崩落現場へ向かわせる。冴島は思わず「行かないで」と藤川に言ってしまう。しかし、藤川は冴島を残して地下へと降りた。
藍沢、藤川から重症者の報告を聞いた白石は、2人にその場で治療を継続するよう伝える。新海広樹(安藤政信)も現場に来た。その頃、緋山と名取は藍沢たちとは別の地点で頭部外傷の妊婦を見ていたが助かりそうにない。緋山は傍にいる妊婦の夫に、母体は助からないが子供の命は救えるかもしれないと話す。
一方、治療を続けていた藍沢は肩口に地下水が滴り落ちていることに気づいた。次の瞬間、頭上から大量の土壌が崩れ落ちて来る。地下2階で再崩落が発生してしまった。患者だけではなく消防などの救助隊、そして藍沢たち医療者は無事なのだろうか…。

引用元:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index.html

コードブルー3最終回ネタバレ 藍沢、藤川安否は

担当プロデューサーが「藍沢は人として成長しましたが、それが医師として本当にプラスだったのかどうか。彼がどういう医者になっていくのか見届けて欲しい」とコメントしているのを聞けば、藍沢先生が死ぬことはありえない。

ただ、藤川先生が微妙だ、子供を助けて巻き添えはありえる。

コードブルー最終回ネタバレ 藍沢、藤川安否は

ドラマなので、どこまでリアル感を出せるかだが、

普通に考えれば、
落ちてきたのが、本棚やタンスなどではない、コンクリート片なのだ、

科学的に言えば、幅が20センチで1×1メートルで約200キログラム、それが天井(約3メートル)から落下直撃すればどうなるか。

イケメンだから助かるわけではない。

雪村も対応していたが、予告に映ってなかったのも気になる。

コードブルー最終回ネタバレ 藍沢、藤川安否は
脚本の安達 奈緒子さんに聞きたい。

黒田先生が、『安全確認が先だ』と、言っていたのを無視したんですか?
崩落事故の理由も知らず、現場になぜ入れるんですか?

リアルな救助でも、雨や風など2次災害になる場合は、泣く泣く中断、中止する中継見てないんですか?。


コードブルー最終回ネタバレ 藍沢、藤川安否は


スポンサーリンク 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA