開会式の最高価格は30万円 2020年東京五輪の入場券、組織委が価格公表、19年春に一般向け販売を開始

開会式の最高価格は30万円 2020年東京五輪の入場券、組織委が価格公表、19年春に一般向け販売を開始

 

開会式は1万2千円~30万円、競技はサッカーなどで最も安い2500円から、陸上競技で最も高い13万円まで、
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が20日、五輪の入場券価格の概要を公表。

大半の競技で4千円以下の入場券を用意し、全体の入場券の半分以上を8千円以下とした。競技別の最高額は、陸上に次いで競泳とバスケットボールで10万8千円、バレーボールで8万1500円、体操で7万2千円、サッカーと野球で6万7500円、柔道とテニスで5万4千円となった。

幅広い価格帯を設定した。一般販売は来年春の開始を予定している。

1964年 東京五輪の入場券
引用:blogimg.goo.ne.jpuser_image442a8948387a8415a552536199c156cbb025.jpg

スポンサーリンク




価格にメリハリをつけ満員の観客席を目指す

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、五輪の入場券価格の概要を発表した。

全体の半数以上を8000円以下に抑えて価格にメリハリをつけたのが特徴。「お手ごろ価格」で、満員の観客席を目指す。

東京五輪のチケット価格帯※7月20日現在

大会招致時の計画では、東京五輪のチケットは780万枚を準備。
組織委は「チケット全体の半分以上が8000円以下で購入可能」としている。

スポンサーリンク




チケット購入の申し込み

TOKYO2020IDサイト(https://id.tokyo2020.jp/)での登録が必要。
また、パラリンピックのチケット価格の概要は8月に公表予定。
19年春に一般向け販売を開始する。

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、東京五輪のチケット価格の概要を発表した。
競技の一般チケットは最低が2500円、最高が13万円で、開会式の最高価格は30万円。国内販売は専用サイトを通じて19年春に開始し、20年には販売所でも取り扱う。

20年7月24日の開会式は約5種類の価格帯を設け、最低価格は1万2000円。8月9日の閉会式は1万2000円~22万円。
競技別にも複数の価格帯が設定される、サッカー、ラグビー、ソフトボール、重量挙げなど8競技は最低が2500円。
競技で最高の13万円は陸上競技、男子100メートルが観戦できる日が想定されている。
競泳とバスケットボールも最高が10万円。
野球は4000円~6万7500円。
20日現在でサーフィンのみが価格未定となっている。

スポンサーリンク




この他に子供や高齢者などのグループを対象とした2020円の企画チケットも売り出す。
飲食サービスなどの付加価値をつけた高額チケットも販売予定で、
年内に詳細を詰めるとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA