この差って何ですか? 100歳のご長寿が実践している食べあわせは

この差って何ですか?2018年11月13日
100歳ご長寿が週3日以上食べているものを徹底調査…専門家も驚く完全食

パネラー
土田晃之・上地雄輔/井上咲楽・高橋英樹・夏木マリ・松嶋尚美・吉川美代子

お茶の水健康長寿クリニックの白澤卓二院長

長寿の秘訣!食べ合わせの差

長寿大国日本

100歳以上の高齢者数は48年連続増加(厚特に生労働省調べ)

69,785人

スポンサーリンク 


 

とくに気になったのが食べ合わせ

箱石ツツイさん102歳

ココアを加えたヨーグルトを毎日食べる

遠藤もとさん102歳

オクラを混ぜた納豆

高橋ヒサノさん102歳

ゴーヤーの酢の物

食べ合わせにこだわり

100歳以上のご長寿300人に週3日以上食べている食材は?

10位トマト

9位梅干し

8位サケ

7位納豆

6位鶏肉

5位キャベツ

4位サバ

3位豆腐

2位ヨーグルト

1位豚肉

 

その食べ合わせを調査

アンケート結果をお茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二先生に診てもらう

とっても理にかなった食べ合わせをしている

骨粗鬆症や認知症予防に適した食べ方をしている

梅干しとワカメで骨粗鬆症予防

ワカメのカルシウムが梅干しのクエン酸によって吸収しやすくなる

サケとブロッコリーで動脈硬化予防

ブロッコリーのビタミンCがアスタキサンチンの効果を長持ちさせ、動脈を守る

サバとりんごで認知症予防DHAをリンゴポリフェノールが守る

朝ごはんサバを焼くときにリンゴをすって乗せます

夏木マリさんも実践

まろやかになる

白いお皿に乗せるとフランス料理みたいになる

認知症の予防効果になるDHAは脳にたどり着きにくい

DHAが壊れないで脳に運ばれる

マリさんは何でやろうと思ったの?

私はリンゴを毎朝食べている

たまたまサバを焼いたときに余ったからかけてみよう、美味しいじゃないの!

明日死んだらどうしよう

スポンサーリンク 


 

ヨーグルトと玉ねぎで腸内環境改善

一人で畑仕事を行うほど元気

私は風邪を引いたことがない、ここしばらくないです

もう15年くらい

15年でここしばらくはスゴい

100歳でも健康な体

玉ねぎをハチミツ漬け、ヨーグルトにかける

やりたいはこれ、ウチで作ります

歯ごたえもおいしい!

玉ねぎの水溶性食物繊維はビフィズス菌のエサにより効果を高める

ビタミンB1が豊富な豚肉は健康食材No.1

ただ脂は動脈硬化などを生む

サツマイモと食べ合わせることで

豚肉とサツマイモの甘辛煮

サツマイモはビタミンEが豊富

ビタミンEは脂が可酸化脂質を防ぐ

サツマイモを使ったのはポイント

スポンサーリンク 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA