万引き家族 是枝監督カンヌ国際映画祭でパルムドール受賞 松岡茉優も記者会見で大粒の涙

万引き家族 是枝監督カンヌ国際映画祭でパルムドール受賞 松岡茉優も記者会見で大粒の涙

6月8日から日本公開『万引き家族』
東京の下町が舞台、なんと「万引き」で生計を立てる一家を描いたはなし。

ひょんな事件をきっかけに家族が分裂していく、それがきっかけとなり、それぞれが抱えていた秘密や夢が語られていく

劇伴音楽は細野晴臣が担当。

キャスト リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、樹木希林ほか

「人間の絆」問い続けて=「万引き家族」でカンヌ最高賞の是枝監督

おめでとうございます。 全観客総立ち、拍手喝采!スタンディングオベーション

スポンサーリンク 


 

是枝監督、おめでとうございます。そして音楽を担当された細野晴臣さん、おめでとうございます。「用意していた音楽がボツになった」と苦労を語られていた細野さん。本当に良かったですね((o(^∇^)o))。

老若男女、微に入り細にわたって人を描くのが上手い是枝監督の受賞はたいへん喜ばしいですね。
特に子供の自然な演技を引き出すのが上手いんだよなあ。
今後も素敵な映画を作り続けていってほしいと切に願っております!

映画なんて所詮虚構の世界だけど
そこに自分を投影できるのって
たまりません。
是枝監督 おめでとうございます。

是枝監督の映画はすべて観ています。
この人の取材力はすごいです。
たとえば鹿児島を舞台にした「奇跡」は鹿児島の人たちの会話やりとりをほんとうにナチュラルに表現しています。再現といっていいくらい。

スポンサーリンク 


 

是枝さんの映画を観てない方はぜひ観てください。
わかりやすい感動物語とは別の感動がそこにはあります。

授賞式は日本時間の本日に開催。コンペティション部門に正式出品していた『万引き家族』がパルムドールに選出された。

登壇した是枝裕和監督は以下のようにスピーチ。「さすがに足が震えています。この場にいられることが本当に幸せです。そしてこの映画祭に参加するといつも思いますが、映画をつくり続けていく勇気をもらいます。そして、対立している人と人を、隔てられている世界と世界を映画が繋ぐ力をもつのではないかという希望を感じます。今回みなさんにいただいた勇気と希望をまず一足早く戻ったスタッフとキャストに分かち合いたいですし、作品が選ばれたにも関わらず、ここに参加できなかったふたりの監督たちとも分かち合いたいですし、これから映画をつくり、ここを目指す若い映画の作り手たちとも分かち合いたいと思います。ありがとうございます」。

松岡茉優、カンヌ映画祭で大粒の涙!/映画『万引き家族』カンヌ公式記者会見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA